かめごはんの体にやさしいレシピ

暑さを乗り切れ!わが家のお袋の味 うなぎ飯弁当★かめごはん家のお弁当★

投稿日:

こんにちは!

ただ今

初めてのふたご育児に奮闘中の

福岡在住管理栄養士のかめごはんです

本日のかめごはん家の弁当は

image

☆ うなぎ飯

☆ ナムル

☆ ミニトマト

昨日は土用の丑の日ということでわが家でも鰻をいただきました

近所の実家からのおすそ分けで

わが家のお袋の味「うなぎ飯

鰻はいつもお魚を購入しているご近所の商店街の中のお魚屋さん

こちらのお魚屋さんが扱うのは全て天然物で

おじいちゃんとおばあちゃんの2人でされていて

お値段もリーズナブルなのでけっこうよく利用させてもらってます!

なので、使用した鰻も国産の天然物

そもそも、どうして土用の丑の日に鰻を食べるのか?

今回、ちょっと調べてみました!

土用とは、
四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、約18日の期間のことです。
その中で
『土用丑の日』にあたる土用は、
立秋(8月6日or7日or8日)の18日前の期間になります。

丑の日とは、
十二支の「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、兎(う)・・・」の丑のこと。

つまり、約18日間の『土用』の期間のうち、
12日周期で割り当てられている十二支が『丑の日』の日が、
『土用丑の日』なのです。

なぜ、土用の丑の日に鰻を食べるようになったのか?という由来には諸説がいろいろとあるみたいですが、1番有名なのが平賀源内による発案。

江戸時代、うなぎ屋がうなぎが売れないで困っていることを、平賀源内に相談しました。
この時の、 
「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」 
という平賀源内の発案が功を奏し、うなぎ屋は大繁盛になったのです。
ちなみに、これがヒットした背景に、当時は、 
「丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」 
という風習があったそうです。
これを他のうなぎ屋もこぞって真似するようになり、 
次第に「土用丑の日はうなぎの日」という風習が定着したとされています。

実際には土用丑の日は、春夏秋冬4季にわたってありますが
売れないウナギの販促のため、
旬ではない“夏”という時期にウナギを食べる風習を根付かせたという説が有名です。

昔も今みたいに販促のために風習を作るということがあってたんだなぁ〜と思いました。

しかし、まだまだ鰻も食べれないちびかめツインズですがこういった風習・季節物に関しては可能な限りいろいろと体験させていきたいと思います

image

本日も読んでいただきありがとうございます

LINE@始めました
友だち追加数

インスタグラムやってます!
アカウント:kamegohan0528

YouTubeでかめごはんチャンネル開設しました!

背景白 のコピー 2




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
かめごはん

かめごはん

かめごはんの料理教室主宰 福岡市在住 管理栄養士ただ今自宅にて無添加ふりかけ講座開催中です! 最近歩くようになったちびかめツインズに振り回されぱなしですが、ブログをコツコツ更新していきますのでどうぞよろしくお願いします

アドセンス

アドセンス

-かめごはんの体にやさしいレシピ

Copyright© 福岡市 料理教室 双子ママの天然手作りかめごはん , 2018 AllRights Reserved.